豪ドルFX取引

洋楽名曲振り返り

心に残る洋楽名曲の動画を集めました。 70's、80's、90's中心です。

>> EDIT

ジグゾー スカイ・ハイ Jigsaw - Sky High

ジグソーは1968年デビューのイギリスのバンド。
ソフトロックバンドとしてデビューするもあまりヒットせず、
インディーズレーベルに移籍します。

その後1975年発表のスカイ・ハイが大ヒット。
それほどヒットすると思っておらず、
初版はなんと数百枚のみだったそうです。
結局全米3位にまでのし上がりました。

2006年のトヨタ・ノアのCMの他
出囃子にも使われています。



印象的なイントロと爽やかなサビメロ。
子供の頃学校で業間休みにかかっていました。
当時はイントロが強烈でそんなに好きではなかったんですが
よくよく聴くとやっぱりいいですね。
懐かしいです。

| 70年代 ポップス | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エルトン・ジョン キャン・ユー・フィール・ザ・ラブ・トゥナイト(愛を感じて) Elton John - Can you feel the love tonight Live

エルトンジョンの1994年のキャン・ユー・フィール・ザ・ラブ・トゥナイトは
ディズニー映画『ライオンキング』の劇中歌で大ヒットしました。
全米ナンバーワンの他。グラミー賞でも2冠に輝きました。



まさにエルトンジョンを代表する素晴らしい曲ですよね。
ライオンキングにぴったりの
愛と野生と自然を感じる曲も素晴らしいし、
エルトン・ジョンの歌声が強さと切なさを醸し出しています。

| 90年代 ポップス | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サラ・ブライトマン&アンドレア・ボチェッリ タイム・トゥ・セイ・グッパイ Sarah Brightman & Andrea Bocelli - Time To Say Goodbye

サラ・ブライトマンはミュージカルでも活躍するイギリス出身のソプラノ歌手。
『キャッツ』や『オペラ座の怪人』が有名です。

タイム・トゥ・セイ・グッパイは1997年にアンドレア・ボチェッリとのデュエットで
大ヒットしました。
クラシカル・クロスオーバーの草分け的存在です。



とても壮大で美しいですよね。
この曲は別れの歌だと思っていたのですが、
二人での未来への旅立ちの歌でした。
それを知ってますますこの曲が好きになりました。

その後2009年の映画『アマルフィ 女神の報酬』の劇中でソロで披露しています。
こちらもとても素晴らしいです。

なによりも私が驚いたのが、サラがかつてHOT GOSSIPに在籍していたことです。
イメージが全然違いますね。

ブログランキングに応援いただけると嬉しいですっ
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

| 90年代 クラシッククロスオーバー | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エス・クラブ・セブン ネバー・ハド・ドリーム・カム・トゥルー S Club 7 - Never Had A Dream Come True

エス・クラブ・セブンはイギリスのボーカルグループ。
男女総勢7枚のチームでイギリスではかなり人気のグループでした。
一度解散し、エスクラブ名義で再結成されています。

ネバー・ハド・ドリーム・カム・トゥルーは2000年発表のアルバムからの
シングルカットです。



安定したボーカルで歌い上げる
しっとりとしたラブバラード。

サビのメロディーラインがとても印象的で
大好きな曲です。

ブログランキングに応援いただけると嬉しいですっ
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

| 未分類 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シャニース アイ・ラブ・ユア・スマイル Shanice - I Love Your Smile

シャニースは1973年生まれのアメリカのシンガーソングライター。
14歳でデビューしました。

アイ・ラブ・ユア・スマイルは1991年発表です。
22カ国でトップ10に入ります。



何といってもイントロが抜群にいいですよね。
シャニースの溌剌とした歌声と容姿にも
ピッタリの健康的な歌だと思います。

聴いていて元気になれる一曲です。

ブログランキングに応援いただけると嬉しいですっ
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

| 90年代 ソウル R&B | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>